コラーゲンマシンって何?


無題 コラーゲンマシンってネットやテレビでたまに聞くけれど、「どんなものなの?」「どんな効果があるの?」興味はあるけど、よくわからない・・・そんな方のために、今回は改めてコラーゲンマシンの基本情報をお届けします。

そもそもコラーゲンマシンとは?

コラーゲンマシンとは、ランプが放出するピンク色の光を肌に当て、肌細胞の活性化を促す美容機器のことです。肌内部の真皮層に働きかけ、コラーゲンの生成を促します。
もともとは医療用、または日照時間が少ない地域での健康のために使用する装置として開発されたものです。

光によって体にコラーゲンを与える、というイメージを持たれるかもしれませんが、そうではなく、体の中でコラーゲンの生成を促すための光を発するマシンと思っていただけるとよいと思います。

どんな形?どうやって使うの?

一見、日焼けマシーンのような、全身が入るほどの大きさのカプセル状の装置です。その中に全裸になって入り、その中で20~30分横になって過ごします。わりとその時間、気持ちがよくなって眠ってしまう方も多いです。私たちも、短い時間ですが、ストンと眠りにおちてしまうことを度々経験しています。

ピンクの光、どんな効果があるの?

コラーゲンマシンは、有害な紫外線は光に含まれず、可視光線という体に有用な光だけ充てることができる機械。紫外線が含まれていないので、コラーゲンマシンに入っても日焼けの心配はありません。

ピンクの光の“可視光線”は、身体のバランスを整えたり、生理学的に機能を調整したり、神経やホルモン分泌にも大切な役割がある光というのはご存知でしょうか。年齢を重ねてシワ、タルミなどのお肌の衰えが気になる、もっと美肌になりたいなど、肌に関するお悩みは多いもの。コラーゲンマシンが発する可視光線という光は、その悩みに効果的に働きかけるコラーゲンの生成を促すのです。

美肌効果

可視光線にはお肌のハリと弾力を保つ役割があるコラーゲンの生成を促進させる働きがあると言われています。人間の皮膚の厚さは平均2ミリ。コラーゲンマシンのピンク色の光は皮膚の表面から10ミリの深さまで届くため、肌内部の細胞に直接働きかけます。それにより、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成を促します。
嬉しいことに、コラーゲンマシン体験者のアンケートでは、マシンに入った当日はもちろんのこと、1日たった後にさらなる効果を実感されるという声も多く寄せられています。

ひなたぼっこのようなリラックス効果

光によって生成抑制される脳内ホルモン「セロトニン」の分泌を促す調査結果も出ています。
実際に海外ではうつなどの精神疾患の治療にも可視光線が活用されており、癒し効果やリラックス効果も期待できます。心身ともに疲れている方にもおすすめです。

健康にも効果あり

コラーゲン、という名前がつくため美肌効果のイメージがあると思いますが、それだけではありません。 マシンに入ると体の芯から温まり、中にはうっすら汗をかく人も。体が温まり、代謝があがるので、ダイエット効果を実感される方もいらっしゃいます。また血行やリンパの流れが促進され、肩こり、冷え症、腰痛の改善につながるとおっしゃる方もいます。

どんなところで体験できるの?

光を用いた医療先進国でもあるヨーロッパでは、美容機器としてはもちろん医療機器にも可視光線が使用されています。こんな魅力たっぷりの可視光線を気軽に照射できるのがコラーゲンマシン。

このコラーゲンマシンですが、どんなところで入ることができるか気になりますよね。
コラーゲンマシン西日本正規販売店のベルディアンでは、エステサロンやヘアサロン、ネイルサロン、鍼灸整骨院様など、美容や健康に関するサービスや治療をされているお客様に導入頂くことが多いです。また、コラーゲンマシン専門のサロンもあります。最近ではコラーゲンマシンを置いているスポーツジムや入浴施設も見かけますね。

エステサロンでコラーゲンマシンを体験する場合、いくらかかるの?

美容や健康への高い効果が期待されるコラーゲンマシン。実際に体験してみたいけれど、次に気になるのは料金です。
サロンの規模や立地によって料金が異なりますので一概にはいえませんが、相場としては1回20分のコースで3000円~5000円というところが多いと思います。エステサロンの美容メニューの中では比較的にリーズナブルな価格のことが多いようです。

まとめ

いかがでしたか?テレビやマスコミでも話題のコラーゲンマシン。知ってみるとますます興味がわいてくるのではないでしょうか?海外セレブや日本の芸能人の方も自宅でコラーゲンマシンに入っていますので、美容や健康に関心の高い方はもうお試しいただいているかもしれませんね。みなさんにも、ぜひコラーゲンマシンを体験して効果を確かめて頂きたいと思います。


エステと美容医療の違いとは?


86a8b1084c86410f7bc1206abe931d59_s いつも美しく若々しくいたい、という願望は誰もが持つもの。きれいをキープするためには自分でする継続的なケアはもちろんのこと、プロの手を借りることもプラスになります。そのための助けとなるのがエステや美容医療です。
ところで改めて考えてみると、この2つはどのように違うのでしょうか?美しくなるための施術を受けてみたいけれど、どちらがいいんだろうとお悩みの方に、今日はエステと美容医療の違いについて見てみたいと思います。 続きを読む

コラーゲン豊富な食材で秋から冬の乾燥にそなえよう!


f81c8948e3629c9217a870de9fa3762f_s
本格的な秋になりましたね。暑さがなくなっていいのですが、その分これから始まるお肌のカサカサシーズンが気になります。そこで、今回はみなさんもよく知っている美肌によいコラーゲン、これをたくさん摂取できるコラーゲンメニューをご紹介したいと思います。食欲の秋、ぜひお試しください。

◎コラーゲンは主にセキツイ動物の皮膚や筋肉や骨を構成するたんぱく質のひとつ。しかしそのコラーゲンは熱を加えると溶け出してしまう性質があります。

おすすめのコラーゲンメニュー

手羽先たくさんの水炊き

手羽先にはコラーゲンが多く含まれていますので積極的に摂りたい食材です。水炊きはスープごとたっぷりといただくことができ、溶け出たコラーゲンを最後まで余すことなく摂取できるので、この時期にぴったりのメニューです。
さらに、コラーゲンの吸収を高めてくれるのがビタミンC。水炊きに欠かせない白菜やネギの青い部分、大根などにはビタミンCが含まれています。手羽先とともに野菜のビタミンCも一緒にいただくことができるのでおすすめです!

作り方
鍋に水で洗った手羽先と長ネギ(青い部分)、しょうが、水8カップを入れ、火にかけます。
煮立ったらアクを取り除き、弱火にして30~40分煮ます。
適当な大きさに切った白菜、長ねぎを加え、煮ながらいただきます。

材料
手羽先 12本
長ネギ(青い部分) 1本分
しょうが 1かけ
塩 大さじ1/2
酒 大さじ2
白菜 適量
長ネギ 適量
大根おろし 適量

うな丼とあさり汁

うなぎもコラーゲンが多い食材です。動物性のコラーゲンは特に皮周辺に多いと言われていますが、うなぎは皮ごと食べるので、コラーゲンをしっかりと摂取できる食材です。
また、意外なことにあさりなどの貝類も豊富にコラーゲンを含んでいます。貝類は食べたときにぷりっとした食感が楽しめますよね。あれはまさにコラーゲンが豊富な証拠なのです。
あさり汁にはビタミンCを含んだ青ネギを散らすと、さらにコラーゲン吸収率がアップしますよ。

うな丼

作り方
うなぎの白焼きを食べやすい大きさに切り、フライパンに調味料とともに入れます。火にかけ、途中で煮汁を回しかけながら5分ほど煮、ふたをして3分蒸し煮にします。ごはんに乗せてできあがり。

材料(2人分)
うなぎの白焼き 2匹分
酒 50cc
みりん 50cc
醤油 50cc
砂糖 大さじ3
ごはん

あさり汁

作り方
砂抜きしたあさりを鍋に入れ、水から火にかけて沸騰させます。アクを取り除き、あさりの口が開いていることを確認してから火を止めます。酒、しょうゆ、塩で味を調え、最後に青ネギを散らします。

材料(2人分)
あさり 150g
水 300ml
酒 大さじ1
醤油 少々
塩 適宜
青ネギ 適宜

海鮮ちゃんちゃん焼き

ちゃんちゃん焼きと言えば鮭ですね。鮭の皮にもコラーゲンが含まれています。魚の皮は気持ち悪くて食べられない、という人もいるかもしれませんが、皮にこそコラーゲンが豊富に含まれています。ちゃんちゃん焼きのように野菜と一緒に炒めて食べるメニューならおいしく食べられますよ。
また、えびもコラーゲンを多く含む食材です。鮭、えび、ビタミンCを含むキャベツなどの野菜とともにコラーゲンをたっぷりと取れるメニューです。

作り方
鮭、えびは塩こしょうをふり、野菜は適当な大きさに切ります。ホットプレートを熱し、バターを入れて真ん中に鮭、えびを入れ表面を焼きます。その周りに野菜を並べ調味料を合わせたものを回しかけ、ふたをして蒸し焼きに。鮭とえびに火が通ったらできあがり。

材料(2人分)
鮭 2身
えび 4匹
キャベツ 適量
玉ねぎ 適量
にんじん 適量
しめじ 適量
バター 適量
(調味料)
味噌 大さじ3
酒 大さじ2
砂糖 大さじ1
みりん 大さじ1

まとめ

いかがでしたか?これからは乾燥や冷たい風などお肌にとっては悩ましい季節がはじまります。どれもあっという間にできる、忙しい主婦や働く女性にはぴったりのレシピです。また、お料理はめったにしない男性でも簡単にできるので、ぜひお試しください。

また、どうしても食事で摂取するコラーゲンはなかなか効果を実感するのは難しいもの。時には光のエステとも言われるコラーゲンマシンに入って、身体全体のコラーゲン生成力をUPさせるのもオススメです。特に疲れた時には気持ちも体もリフレッシュできるのでおすすめです。紫外線をたくさん浴びてしまったお肌の疲れと一緒に、夏の暑さで溜まってしまった体全体の疲れにもいいと思います。


油断大敵!肌の老化は、秋からの日焼け止めで差がつく!


bel_yasyoku 真夏の照りつけるような太陽の下ではしっかり日焼け止めを塗っていたのに、少し涼しくなってくると、ついつい忘れがちになってしまう人も多いのではないでしょうか?でも、その油断が後々響いてくるので要注意!気が緩む秋からの日焼け止めこそが、将来的な肌質に関係してくるんです。今回は、秋から冬にかけてこそ気をつけて欲しい、日焼け止めによる肌ケアについてご紹介します。 続きを読む

お肌の大敵!夜食症候群とは


bel_yasyoku 「夜食症候群」という言葉を聞いたことはありますか?実は、世界の中でも、夕食をしっかり食べる習慣がある日本人は特に、陥りやすい症状と言われています。毎日の残業で夜ご飯が遅くなってしまう人、夕食後のデザートがやめられない人、夜型で夜中についつい夜食を食べてしまう人、そんな人は要注意!お肌にもダメージを与えてしまう、「夜食症候群」についてご紹介します。 続きを読む

山は?海は?車中は?意外に知らない紫外線の話と、その対策。


bel_kuruma 今や紫外線対策に取り組むのは、美容にとっても健康にとっても当たり前の時代になりました。現代女性のほとんどが、紫外線を警戒して生きていると言えるでしょう。しかし、「海・山・都会、紫外線の少ない場所は?」「自動車の窓のUV対策はどうなっている?」「UVカットアイテムの寿命はどれくらい?」といった素朴な疑問に答えられる方は少ないのではないでしょうか?今回は、それらの疑問にお答えしていきます。 続きを読む

紫外線の強い夏場こそ、線維芽細胞を活性化してコラーゲンを増やそう!


bel_shigaisen お肌にとってのコラーゲンの重要性は、皆さんよくご存知かと思います。日射しが強烈な夏場は紫外線がコラーゲンに与えるダメージを心配して、日焼け止めを塗ることに注意されている方も多いのでは?ご存知のとおり紫外線はコラーゲンを破壊し、シワを増やしてしまいます。ただし、紫外線が悪影響をもたらすのはコラーゲンだけではありません。体内でコラーゲンを作り出している線維芽細胞そのものにも大きなダメージを与えるのです。今回は、線維芽細胞にスポットを当ててお話ししていきましょう。 続きを読む

今日からはじめよう!シワ対策


bel_siwa 加齢とともに、女性を悩ませる「シワ」。まだまだ若いから大丈夫とケアをしなかったり、間違った対処をしていると気がついた時には、驚くほどシワができていることも。そこで今回は、将来シワだらけの肌にならないために、気を付けておきたい肌ケアの注意点と、ケア方法をご紹介します。 続きを読む

梅雨の時期の紫外線と、うっかり浴びてしまった時の対処について


bel_tuyu 6月と言えば梅雨の季節。雨や曇りの日が続いて気分が盛り上がらない反面、「湿度が上がって潤うのでお肌にとっては良い季節!」なんてお考えの方も多いのではないでしょうか。しかし、残念ながら実は梅雨の季節はお肌にとって良い環境だとは言えません。今回は、梅雨の時期の肌トラブルと、その対処についてのお話です。 続きを読む

カルシウムよりコラーゲン?! 骨とコラーゲンの意外な関係


bell_Ca 「骨を丈夫にするために必要な栄養素は?」と聞かれたら、ほとんどの人がカルシウムと答えるのではないでしょうか?もちろん、カルシウムも骨をつくるための大切な要素なのですが、実は、コラーゲンもとても重要な役割を担っていることを知っていましたか?今回は、若いうちから知っておきたい、骨とコラーゲンの意外な関係をご紹介します。 続きを読む

1 2 3 4 9