キレイの味方!化粧下地で若々しくなめらかな肌を演出しよう


9b7d50c3ccd0b413b09d1687680ec2a1_s この年末年始、帰省やパーティなど普段と違う場所にお出かけする方も多かったのではないでしょうか?久しぶりの友達や知人と会うときに気になるのが自分のお肌の状態です。いつまでもハリのある肌でいたいというのは誰もが考えるもの。でも年齢には勝てない・・・と思う人はベースメイクを変えてみてはいかがでしょうか?少しの工夫で肌年齢を若く見せることができるかもしれません。今回は肌をきれいに整える化粧下地についてご紹介したいと思います。 続きを読む

間違えると逆効果!? 肌が潤う正しいお風呂の入り方


coline-hasle-430742本格的なウィンターシーズンを迎え、バスタイムが心地よい季節になってきました。湯船にゆったりつかって体を温めると、疲れがとれたり、免疫力が高まったり、ストレスが緩和されたりと、よい影響がたくさんあります。ただ入り方を間違えると、逆にダメージを与えてしまうことも。そこで今回は、肌の乾燥に悩みがちな冬だからこそ積極的に取り入れたい、正しいお風呂の入り方をご紹介します。 続きを読む

がんこな冷え性を根本的に治したい!冷え性に効くカンタン筋トレのすすめ


29384d688937f7c7824550759bacab30_s いよいよ本格的な冬がやってきました。冷え性の人には特につらい時期ですよね。
みなさんはどんな冷え対策をしていますか?靴下を重ね履きする、下着を温かいものに変える、体を温める効果のある物を食べる、などが多いでしょうか?
しかし、どれも一時的には体が温まりますが、やめたらすぐに冷えてしまう・・・。ということはないでしょうか?がんこな冷えは根本的に治したいですよね!今回は「冷えに効く筋トレのすすめ」についてお届けします。 続きを読む

【乾燥の気になる冬に】保湿クリームの正しい選び方と使い方


makhmutova-dina-276987 冬になると気になってくるのがお肌の乾燥です。いつものスキンケアだけではお肌の水分が蒸発しやすく、つっぱりやカサカサを感じるという人も多いと思います。そこで、保湿クリームを使ってみてはいかがでしょうか? 続きを読む

結局コラーゲンって何?知っているようで知らないコラーゲンの基礎知識


fcdc09bd6d05a520af00a3cd424a702f_s コラーゲンブームが起こってからずいぶんと時間がたち、最近ではコラーゲンに関するさまざまな情報をあちこちで手に入れることができます。美と健康の必須アイテムとしてすっかり定着したコラーゲンですが「結局コラーゲンって何なんだろう?」という疑問を感じたことはありませんか?基本に立ち返ってコラーゲンについての基礎知識を一緒に見ていきましょう。 続きを読む

コラーゲンマシンって何?


無題 コラーゲンマシンってネットやテレビでたまに聞くけれど、「どんなものなの?」「どんな効果があるの?」興味はあるけど、よくわからない・・・そんな方のために、今回は改めてコラーゲンマシンの基本情報をお届けします。 続きを読む

エステと美容医療の違いとは?


86a8b1084c86410f7bc1206abe931d59_s いつも美しく若々しくいたい、という願望は誰もが持つもの。きれいをキープするためには自分でする継続的なケアはもちろんのこと、プロの手を借りることもプラスになります。そのための助けとなるのがエステや美容医療です。
ところで改めて考えてみると、この2つはどのように違うのでしょうか?美しくなるための施術を受けてみたいけれど、どちらがいいんだろうとお悩みの方に、今日はエステと美容医療の違いについて見てみたいと思います。 続きを読む

コラーゲン豊富な食材で秋から冬の乾燥にそなえよう!


f81c8948e3629c9217a870de9fa3762f_s
本格的な秋になりましたね。暑さがなくなっていいのですが、その分これから始まるお肌のカサカサシーズンが気になります。そこで、今回はみなさんもよく知っている美肌によいコラーゲン、これをたくさん摂取できるコラーゲンメニューをご紹介したいと思います。食欲の秋、ぜひお試しください。

◎コラーゲンは主にセキツイ動物の皮膚や筋肉や骨を構成するたんぱく質のひとつ。しかしそのコラーゲンは熱を加えると溶け出してしまう性質があります。

おすすめのコラーゲンメニュー

手羽先たくさんの水炊き

手羽先にはコラーゲンが多く含まれていますので積極的に摂りたい食材です。水炊きはスープごとたっぷりといただくことができ、溶け出たコラーゲンを最後まで余すことなく摂取できるので、この時期にぴったりのメニューです。
さらに、コラーゲンの吸収を高めてくれるのがビタミンC。水炊きに欠かせない白菜やネギの青い部分、大根などにはビタミンCが含まれています。手羽先とともに野菜のビタミンCも一緒にいただくことができるのでおすすめです!

作り方
鍋に水で洗った手羽先と長ネギ(青い部分)、しょうが、水8カップを入れ、火にかけます。
煮立ったらアクを取り除き、弱火にして30~40分煮ます。
適当な大きさに切った白菜、長ねぎを加え、煮ながらいただきます。

材料
手羽先 12本
長ネギ(青い部分) 1本分
しょうが 1かけ
塩 大さじ1/2
酒 大さじ2
白菜 適量
長ネギ 適量
大根おろし 適量

うな丼とあさり汁

うなぎもコラーゲンが多い食材です。動物性のコラーゲンは特に皮周辺に多いと言われていますが、うなぎは皮ごと食べるので、コラーゲンをしっかりと摂取できる食材です。
また、意外なことにあさりなどの貝類も豊富にコラーゲンを含んでいます。貝類は食べたときにぷりっとした食感が楽しめますよね。あれはまさにコラーゲンが豊富な証拠なのです。
あさり汁にはビタミンCを含んだ青ネギを散らすと、さらにコラーゲン吸収率がアップしますよ。

うな丼

作り方
うなぎの白焼きを食べやすい大きさに切り、フライパンに調味料とともに入れます。火にかけ、途中で煮汁を回しかけながら5分ほど煮、ふたをして3分蒸し煮にします。ごはんに乗せてできあがり。

材料(2人分)
うなぎの白焼き 2匹分
酒 50cc
みりん 50cc
醤油 50cc
砂糖 大さじ3
ごはん

あさり汁

作り方
砂抜きしたあさりを鍋に入れ、水から火にかけて沸騰させます。アクを取り除き、あさりの口が開いていることを確認してから火を止めます。酒、しょうゆ、塩で味を調え、最後に青ネギを散らします。

材料(2人分)
あさり 150g
水 300ml
酒 大さじ1
醤油 少々
塩 適宜
青ネギ 適宜

海鮮ちゃんちゃん焼き

ちゃんちゃん焼きと言えば鮭ですね。鮭の皮にもコラーゲンが含まれています。魚の皮は気持ち悪くて食べられない、という人もいるかもしれませんが、皮にこそコラーゲンが豊富に含まれています。ちゃんちゃん焼きのように野菜と一緒に炒めて食べるメニューならおいしく食べられますよ。
また、えびもコラーゲンを多く含む食材です。鮭、えび、ビタミンCを含むキャベツなどの野菜とともにコラーゲンをたっぷりと取れるメニューです。

作り方
鮭、えびは塩こしょうをふり、野菜は適当な大きさに切ります。ホットプレートを熱し、バターを入れて真ん中に鮭、えびを入れ表面を焼きます。その周りに野菜を並べ調味料を合わせたものを回しかけ、ふたをして蒸し焼きに。鮭とえびに火が通ったらできあがり。

材料(2人分)
鮭 2身
えび 4匹
キャベツ 適量
玉ねぎ 適量
にんじん 適量
しめじ 適量
バター 適量
(調味料)
味噌 大さじ3
酒 大さじ2
砂糖 大さじ1
みりん 大さじ1

まとめ

いかがでしたか?これからは乾燥や冷たい風などお肌にとっては悩ましい季節がはじまります。どれもあっという間にできる、忙しい主婦や働く女性にはぴったりのレシピです。また、お料理はめったにしない男性でも簡単にできるので、ぜひお試しください。

また、どうしても食事で摂取するコラーゲンはなかなか効果を実感するのは難しいもの。時には光のエステとも言われるコラーゲンマシンに入って、身体全体のコラーゲン生成力をUPさせるのもオススメです。特に疲れた時には気持ちも体もリフレッシュできるのでおすすめです。紫外線をたくさん浴びてしまったお肌の疲れと一緒に、夏の暑さで溜まってしまった体全体の疲れにもいいと思います。


油断大敵!肌の老化は、秋からの日焼け止めで差がつく!


bel_yasyoku 真夏の照りつけるような太陽の下ではしっかり日焼け止めを塗っていたのに、少し涼しくなってくると、ついつい忘れがちになってしまう人も多いのではないでしょうか?でも、その油断が後々響いてくるので要注意!気が緩む秋からの日焼け止めこそが、将来的な肌質に関係してくるんです。今回は、秋から冬にかけてこそ気をつけて欲しい、日焼け止めによる肌ケアについてご紹介します。 続きを読む

お肌の大敵!夜食症候群とは


bel_yasyoku 「夜食症候群」という言葉を聞いたことはありますか?実は、世界の中でも、夕食をしっかり食べる習慣がある日本人は特に、陥りやすい症状と言われています。毎日の残業で夜ご飯が遅くなってしまう人、夕食後のデザートがやめられない人、夜型で夜中についつい夜食を食べてしまう人、そんな人は要注意!お肌にもダメージを与えてしまう、「夜食症候群」についてご紹介します。 続きを読む

1 2 3 4 9