春は毒出しの季節?手遅れ前のスキンケア法とは


日本には、衣食住、四季折々の設えがあるように、東洋医学では、春夏秋冬それぞれの季節で主役となる臓器があると考えられています。

今年は暖冬ということもあり、もう春の気配がする今日この頃。そんな春に活発になると言われているのが肝臓です。

肝臓は、解毒する臓器。

動物は冬眠の前に沢山食べ、栄養や脂肪を体に溜め込みますよね。

それと同じように人間もまた、冬の間さまざまなものを体の中に溜め込んでいますが、体は春の訪れを感じ始めると肝臓が張り切りだし、冬に溜め込んだものを一気に吐き出す、いわゆる“毒出し”の大勢に入っていきます。

体の中では新陳代謝も加速され、排泄物や汗、呼吸などから毒素を排出しようとしますが、溜め込んだ毒素と肝臓の解毒作用のバランスが狂うとあることが起こります。

それが、皮膚疾患。

毒素が体からうまく排出されず、吹き出物や肌荒れとなって体がSOSを出してくるのです。

まだ間に合う!毒出しが軽くなる方法

もう春はすぐそこに近づいてきている今からでもまだ間に合う、肝臓を助け、体の毒素排出をうながすあれこれをご紹介します。

脂質や糖類、添加物の多く入ったものを極力とらない

冬場に余分なものを体に溜め込むほど、春の毒出しがきつくなります。今からでも、脂質や糖類、添加物などを控え、少しでも体を軽くしておきましょう。

山菜を積極的に食べる

春に芽吹く山菜は、「解毒作用」が多いものばかり。ウドやタケノコ、セリやフキノトウ、ワラビなど、少し苦みを持つ山菜は、肝臓の解毒作用を高めてくれる効果があります。食事に取り入れて肌荒れを防ぎましょう。

※ただし食べ過ぎは禁物です。

食物繊維をとって便秘を解消!

大腸の働きが悪く便が体内にとどまっていると、腸内細菌の働きで毒が逆に生み出されてしまうことも。また、腸の働きが悪くなると、毒素をうまく排出できずに肌荒れの元に。タケノコやフキなど食物繊維の多い野菜をとって、腸内環境を整えましょう。

ドライブラッシングで皮膚の排泄機能UP!

ブラシで肌を直接ブラッシングすることにより、皮膚から老廃物が排出されやすい状況が整う上、リンパ液や血液の流れがよくなり、組織内の水分や毒素の運び出しもスムーズに。毎日の習慣にして、強い皮膚を作りましょう。

事前のコラーゲンマシンで肌代謝を活発に!

コラーゲンマシンは、ピンクの光で、肌を支える土台「真皮」の線維芽細胞に直接働きかけて、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成を活発化。新陳代謝を促しお肌の毒出しを助け、ハリとツヤのある若々しい肌に導きます。

いかがでしたか?春は、体も心も解放される季節。せっかくの楽しい時期にお肌のトラブルで悩まないためにも、今年は事前にしっかり準備して、すっきり毒出ししちゃいましょう!

コラーゲンマシンが気になるあなたへ

コ ラーゲンマシンのご購入を検討されている方に、株式会社ベルディアンでは、コラーゲンマシンを無料でご体験いただいております。コラーゲンマシンの効果を 確認したい場合は実際に入ってみるのが一番。コラーゲンマシン正規販売店の株式会社ベルディアンにお問い合わせください。