この時期は、5月病に注意!早めの対策で元気を取り戻そう!


bell_gogatu 入学、進学、就職や異動など、さまざまな変化がある4月を1ヵ月ほど過ぎた頃、その状況に適応しきれない慢性的なストレスによって、動機、不安感、無気力感、不眠などの症状が出ることがあります。この症状は、ゴールデンウィークあけから起こることが多いため「5月病」と言われています。今回は、この5月病を乗り切るためのセルフケアをご紹介します。

こんな症状が出ていたら要注意!
5月病簡単チェック

1. すっきり眠れない

精神的に落ち込んでいる時や追い込まれている時は、脳がリラックスできずに不眠になることがあります。寝つきが悪い、夜中に何度も起きる、朝起きてもだるさが抜けないなどはありませんか?

2. 不安感が常にある

大きな問題を抱えている訳でもないのに不安感がつきまとったり、なんとなく学校や仕事に行きたくなかったり、些細なことで悩んだりと、5月に入って急にこのような症状が出てきた場合は要注意!

3. お腹の調子が悪い

ストレスを感じると、自律神経のバランスが乱れて胃腸の調子が悪くなりがちです。原因不明の腹痛や下痢、便秘、胃痛などが起こります。

4. 不正出血がある

ストレスは、婦人科系の症状として出ることも。生理不順や不正出血などを引き起こす場合もあります。

5. めまいや倦怠感、だるさなどの体調不良

自律神経がうまく機能しなくなると、疲れやすくなったり、突然めまいに襲われたりと、原因不明の体調不良が続くことがあります。
5月に入り、急に上記のような症状が出てきた場合は5月病かもしれません。精神的なストレスによって起こる自律神経の乱れが体調不良の原因ですが、症状がひどい場合はきちんと病院で診てもらいましょう。

自分でできる5月病予防と簡単セルフケア

朝日を浴びて体内時計をリセット

人の体は太陽の光を浴びることで、体内時計がリセットされます。できるだけ早めに寝ることを心がけ、起きたら朝日をしっかり浴びて自律神経を整えましょう。

起き抜けにコップ1杯の水を飲む

朝一番に腸を動かすことで、副交感神経が刺激され、交感神経への切り替えがスムーズになります。朝日を浴びたあと、コップ1杯の常温の水を飲む習慣をつけましょう。

日中もツボ押しでリラックス

5本の手の指と指の間のつけ根には、イライラした気持ちを静めるなど、自立神経を整える効果のある「虎口(ここう)」「指間穴(しかんけつ)」と呼ばれるツボがあります。日中も気づいた時に、指先が温かく感じるまで揉んでみましょう。

帰宅後は、ぬるめのお湯でほっと一息

帰宅後は、38℃前後のぬるめのお湯に手足を伸ばして15分くらいゆったりつかりましょう。全身の筋肉をゆるめることで心も体もリラックスできます。

コラーゲンマシンでセロトニンを増やす

5月病の原因の一つが、過度なストレスによるセロトニン不足が挙げられます。セロトニンは「幸せホルモン」呼ばれるように、不足するとドーパミンやノルアドレナリンといった感情を司る物質のコントロールがきかなくなり、情緒不安定になってしまいます。コラーゲンマシンのピンクの光は、セロトニンの分泌を促進する可視光線。この光の照射は、海外ではうつなど精神疾患の治療にも活用されています。コラーゲンマシンでは、「ひなたぼっこ」のような温浴ができるため、リラックスにも最適です。
まとめ
いかがでしたか?知らず知らずのうちに頑張り過ぎてしまうこの時期。5月病の症状が出てしまう前に、セルフケアでストレスを解消しておくことが得策ですよ。