エステと美容医療の違いとは?


86a8b1084c86410f7bc1206abe931d59_s いつも美しく若々しくいたい、という願望は誰もが持つもの。きれいをキープするためには自分でする継続的なケアはもちろんのこと、プロの手を借りることもプラスになります。そのための助けとなるのがエステや美容医療です。
ところで改めて考えてみると、この2つはどのように違うのでしょうか?美しくなるための施術を受けてみたいけれど、どちらがいいんだろうとお悩みの方に、今日はエステと美容医療の違いについて見てみたいと思います。

どんなことをするの?

エステはひとことでいうと、キレイになることやリラクゼーションのためのお手伝いをしてくれるところです。
顔のお肌を美しくするためのケア(フェイシャル)や、痩せるためのお手伝い(痩身)、脱毛、リラクゼーションのためのマッサージや専用マシンを使った施術などがあります。
比較的効果が穏やかな施術で美と癒しを追求するお手伝いをします。

美容医療ではその名のとおり美容を目的とした医療行為をします。たとえば美容整形手術、脂肪吸引、バストアップ。そのための注射や点滴、薬の処方も含まれます。
エステではできない高い効果が期待できますが、施術内容によっては腫れや痛みなどの副作用が一時的に見られる場合もあるようです。

誰がしてくれるの?

エステではエステティシャンが、美容医療のクリニックでは医師が施術を施します。
美容医療で行われる医療行為は、先ほども説明したようにメスを使用する手術や、注射や点滴などといったこと。医師免許を持っている人でなければ行うことができません。

一方、エステでの施術はエステティシャンが行います。こちらは資格がなければ施術を施せないというわけではありません。しかし多くのエステティシャンはお客様の体に直接触れるため専門的な知識や技術を身につけています。またお客様のニーズをしっかり聞き出し、リラックスできる雰囲気を作り出したりするための教育を受けていることも多いです。

雰囲気の違いは?

エステは体のお悩み解決のためのお手伝いをすると同時に、癒しを提供する場であることがほとんどです。くつろぎを感じられる工夫がされていたり、ゴージャスな内装で日常から解放されるような雰囲気を醸し出しているところが多いです。

それに対して美容医療のクリニックはあくまで美しくなるための処置をする場所。少しきれい目な病院といったところが多いと思います。くつろぎ空間を演出しているクリニックもありますが、エステの雰囲気には劣ることが多いでしょう。

料金は?

一般的にいって、エステでの施術は美容医療クリニックに比べてリーズナブル。大きな変化でなく、ちょっとしたリフレッシュを目的とする場合はエステで十分ということもあり得ます。

美容医療は基本的に保険がきかない自費医療で、エステに比べて高額である場合がほとんどです。しかしその分高い効果や即効性が期待できます。

まとめ

エステと美容医療、同じように考えてしまいがちですがいろいろな違いがあるのですね。
ただし「美しくなりたい」「痩せたい」「アンチエイジングしたい」など、美を追求するお手伝いをする場であることは2つとも変わりありません。「癒され感や非日常の開放感を味わいながらきれいになるためのケアも受けたい」ならエステ、「即効性や効果の持続力を求める」なら美容医療、といったように目的に合わせて選択すると、ご自分の納得のいく結果が得られるのではないかと思います。

ところで、ベルディアンが西日本正規販売店としてご提供しているコラーゲンマシンはエステや専用サロンなどで体験することができます。極上のリラックス空間で全身美肌の効果が期待できますよ。
エステに興味をもたれた方はコラーゲンマシンを置いているエステサロンもぜひのぞいてみてください。