これだけ読めばすべてが分かる!コラーゲンマシンまとめ記事


photoimage 美に敏感な人に注目を浴び続けているコラーゲンマシン。TVや雑誌で取り上げられる機会も多く、定期的に利用されている芸能人やセレブもいらっしゃいます。コラーゲンマシンについてもっと知りたい!という方にコラーゲンマシンの基本から活用方法まで、情報をまとめてお届けします。これを読めばコラーゲンマシンのすべてがわかる?!それではいってみましょう。

<目次>

1、コラーゲンマシンってそもそも何?
・コラーゲンマシンとは??
・どんな形?どうやって入るの?
・ピンクの光、どんな効果が?
・美容医療機器とはどう違う?
・日焼けマシンとはどう違う?<まずは日焼けマシンのメカニズム>
・そしてコラーゲンマシンのメカニズム
・大きな違いは可視光線と紫外線

2、コラーゲンマシンの真価。美肌効果について
・美肌にこだわる男性もおすすめ!
・尾木ママの美容投資
・ジェンダーレス男子
・全身アンチエイジングを実現

3.コラーゲンマシンのルーツ
・コラーゲンマシンのルーツは?
・光線医療の研究で、ノーベル賞受賞

4、睡眠とコラーゲンマシンの関係
・眠りの質を高めるセロトニンを分泌するピンクの光
・「肉割れ」「妊娠線」が気になる方へ
・過労対策にもコラーゲンマシン

5、実録!コラーゲンマシン体験談
潜入から後日談まで。アラフォー女子のリアルな体験レポート

1、コラーゲンマシンってそもそも何?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コラーゲンマシンとは??

日本では美容マシンとして広まっているコラーゲンマシン。もともとは日照時間が少ない地域で健康のために用いられていた装置です。一見、日焼けマシンのような、全身が入るほどの大きさのカプセル状の装置です。その中に全裸になって入り、その中で20~30分横になって過ごします。暖かなピンクの光は体内のコラーゲン増やすことのみならず、さまざまな健康美容効果が期待できます。エステや専門サロン、最近ではスポーツジムなどでも受けられるところがありますよ。

目次に戻る

・どんな形?どうやって入るの?

一見、日焼けマシンのような、全身が入るほどの大きさのカプセル状の装置です。その中に全裸になって入り、その中で20~30分横になって過ごします。わりとその時間、気持ちがよくなって眠ってしまう方も多いです。私たちも、短い時間ですが、ストンと眠りにおちてしまうことを度々経験しています。

目次に戻る

・ピンクの光、どんな効果が?

コラーゲンマシンは、有害な紫外線は光に含まれず、可視光線という体に有用な光だけ充てることができる機械。紫外線が含まれていないので、コラーゲンマシンに入っても日焼けの心配はありません。 ピンクの光の“可視光線”は、身体のバランスを整えたり、生理学的に機能を調整したり、神経やホルモン分泌にも大切な役割がある光というのはご存知でしょうか。年齢を重ねてシワ、タルミなどのお肌の衰えが気になる、もっと美肌になりたいなど、肌に関するお悩みは多いもの。コラーゲンマシンが発する可視光線という光は、その悩みに効果的に働きかけるコラーゲンの生成を促すのです。

目次に戻る

・美容医療機器とはどう違う?

 美容クリニックなどの医療施設でもコラーゲンを増やす施術を受けることはできます。
一方で、コラーゲンマシンはエステで受けることができます。その最大の違いは医師の有無。また、コラーゲンマシンはより安価で痛みもなくリラックス効果もあります。医療では薬なども扱えるため高い効果を追求することができます。本格的な美容医療をお考えの方はまずコラーゲンマシンから始めてみてはいかがでしょうか?

関連ページ:コラーゲンマシンと美容医療機器の違いと類似性!

目次に戻る

・日焼けマシンとはどう違う?
<まずは日焼けマシンのメカニズム>

紫外線を照射することにより、メラニン色素を肌の中に沈着させて肌の色を濃くする日焼けマシン。日焼けマシンのメカニズムは、皮膚が紫外線を浴びた時、まずは表皮の角質層が紫外線を反射して体内に入り込む量を少なくしようとします。それでも紫外線はくぐり抜けてくるため、表皮の中のメラノサイトという細胞からメラニン色素が作り出されます。メラニン色素の役割は、紫外線を吸収して真皮への侵入を防御すること。そして、そのメラニン色素が表皮の中に沈着することで肌の色が濃くなるのです。日焼けとは、肌が紫外線を防御した成果だと言えるでしょう。

しかし、肌の中にあるコラーゲンを変性させてしまうことが問題点です。日焼けした肌には「健康の象徴」という印象がありますが、医学的には「日光皮膚炎」と言います。太陽光による火傷(やけど)であって、肌にとって健康的な状態だとは言えません。

紫外線にはA波・B波・C波がありますが、日焼けマシンで使用されているのは主にA波。A波は紫外線の中では最も波長が長く、肌の奥まで届きます。皮膚の表面が真っ赤に焼けたり水ぶくれができるといった急激な変化が起きないため、比較的安全に肌を小麦色にできるというわけです。しかしA波も紫外線である限り、肌に影響を与えないわけではありません。例えば、真皮の中のコラーゲンを変性させてしまうこともA波の問題点。長い時間をかけ、気付かないうちにシワなどを作っていくのです。

目次に戻る

・そしてコラーゲンマシンのメカニズム

コラーゲンマシンは可視光線を照射することによって線維芽細胞を刺激し、体内のコラーゲン生成を促進する機械です。線維芽細胞は、肌細胞とも呼ばれる細胞。コラーゲンやエラスチンの生成・分解を繰り返していますが、年齢を重ねると新陳代謝の低下によって分解が上回ります。20代後半から自己増殖能力が低下し30代で急降下、40代ではコラーゲンが新しく生成されることがほとんどなくなるため、外部からの刺激によって活性化させる必要があるのです。

目次に戻る

・大きな違いは可視光線と紫外線

太陽光線は、波長の短いものからガンマ線、X線、紫外線、可視光線、赤外線で構成されています。波長が短いほど身体に化学的な影響が激しくなりますが、コラーゲンマシンで使用されるのは600nm~760nmの可視光線。10 nm~400nmの紫外線とは明確に領域が異なり、より刺激が少なく肌の奥に届くという仕組みです。また、線維芽細胞は熱によって活性化するため、コラーゲンマシンは赤外線に近いピンク色の光を使用しています(赤外線は熱的な作用を及ぼす光。人間の目では見えませんが、最も赤外線に近い可視光線の色は赤色です)。可視光線も紫外線もどちらも電磁波ですが、人体におよぼす影響は大きく異なるのです。

コラーゲンマシンも光線を浴びるという点では同じです。しかし使用する光の領域が異なるため日焼けマシンのような危険性はないのです。ちなみにコラーゲンマシンで日焼けするということもありませんのでご安心を!

目次に戻る

2、コラーゲンマシンの真価。美肌効果について

sub_20150126_02

・美肌にこだわる男性もおすすめ!

「男性が美を追求するなんて」と言われた時代は過ぎ、いまでは男女ともに、美しさを磨く時代になりました。メンズコスメは珍しくなくなり、女性からも男性の肌のきれいさを求めています。ある有名な男性教育評論家の方は、60代でありながら、テレビ出演をきっかけに美容に注力。肌を美しく保ち、アンチエイジングのために、スキンケアを入念に行っています。  

・尾木ママの美容投資

尾木ママこと、教育評論家・尾木直樹さん(68歳)は、女性らしいソフトな口調で語り、一見、面白キャラの雰囲気。しかし、20年以上、子ども主役のユニークな教育実践を行っただけあり、教育に関するコメントは切れ味鋭く、視聴者の人気を集めています。実は、尾木ママは教育だけではなく、美容にもかなり真剣に取り組まれているそうです。女性のような語り口だから、尾木ママという愛称を付けられましたが、お子さんもいる良きお父さんでもあります。

美容に興味があるのも、女性になりたいからではなく、「テレビに出るのだから、きれいにしておかなくちゃね」という理由。美容にはかなりこだわりがあるようで、月々の出費の8割は美容関係。爪のお手入れのためにネイルサロンへ通い、化粧水や乳液でのお手入れは欠かさず、美肌になるための努力も怠りません。いまは男性でも、肌をきれいに保つために基礎化粧を行い、眉を整える人が増えています。男性向けネイルケアサービスもあるほど。美容に気を遣うのは営業職やエグゼクティブだけではなく、一般男性にも広がりを見せています。男性も見た目を磨くのは当たり前の時代なのでしょう。尾木ママは、男性美容の最先端をいっているのかもしれません。

そんな尾木ママが大絶賛したのはコラーゲンマシン。「レディ・ガガやビヨンセも使っているの」と語り、テレビでは実際にコラーゲンマシンに入って、ピンクの光に照らされている様子も紹介していました。コラーゲンマシンは、ピンクの光で、肌を支える土台「真皮」の線維芽細胞に直接働きかけて、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成を活発化。ハリとツヤのある若々しい肌に導きます。シミ・タルミなど肌の衰えの原因である「真皮」のコラーゲン・エラスチンの減少や衰え、質の変化に効果を発揮します。「お肌にとってもいいいの」という尾木ママの肌は、60代後半とは思えないピカピカの肌でした。

目次に戻る

・ジェンダーレス男子

美にこだわることで有名な尾木ママが絶賛したコラーゲンマシンですが、男性もハリとツヤのあるピカピカの肌にこだわる時代です。健康で若々しい肌はそれだけで魅力的ですよね。「ジェンダーレス男子」という中性的なタレントやモデルが多く登場しています。さらに、この秋冬トレンドのひとつはジェンダーレスファッション。特徴は男性・女性の垣根を超えてファッションを楽しめることです。

男性が女性のファッションや美容に興味をもって踏み込んできています。石けんをネットで泡立てて洗顔したり、ハンドクリームやボディクリームを塗ったり、日焼け予防で日焼け止めクリームや日傘を使ったりと、男性も徐々に女性と同じようなお手入れを始めています。そのうちに、男性たちも自分らしいメイクアップを追求する日が来るのかもしれませんね。女性よりも美しい男性が増えるかも? 女性もうかうかしてはいられませんね。

目次に戻る

・全身アンチエイジングを実現

コラーゲンの増加によって肌の水分量が増えるため、目立つ部分のシミ・シワ・ニキビの解消・改善はもちろん、全身のアンチエイジングが可能。また、セロトニンの分泌を促す効果も認められていることから、整腸作用・止血作用・感情コントロールなどにも力を発揮することが期待されます。余談ですが、施術者の技術に依存しないためサロン経営者の皆さんにとっては全てのお客様に均一なサービスを提供できること、利用者の皆さんにとってはどのサロンでも安心して利用できるというメリットもあります。

目次に戻る

3.コラーゲンマシンのルーツ

43b175c7f5686e5dc530e586940327fa_s

・コラーゲンマシンのルーツは?

人類は、はるか昔から意図的に太陽の恩恵を受けてきました。太陽光が血圧を下げ、心臓の力を高め、ビタミンDを生成し、コレステロールを減少させ、ホルモンの分泌を助け、殺菌し、免疫性を維持することを知っていたのです。記録に残っているだけでも5000年以上前から様々な日光浴の記録があります。紀元前3000年の古代ギリシャでは日光浴場が設けられ、全裸での日光浴が行われていたのだとか。また、紀元前2000年頃のエジプトでも日光浴が行われていたことが遺跡から明らかになっています。紀元前1400年頃のインドではコールタールを光感剤として肌に塗りこみ、光の感受性を高めることで感染症の治療が行われていたようです。
このように太陽と健康を結びつけてきた人類ですが、医学として確立できたのは1800年代から。ここでは、コラーゲンマシンのルーツである光線医療の歴史を少しご紹介しましょう。

目次に戻る

・光線医療の研究で、ノーベル賞受賞

光線医療の研究が始まったのは、19世紀末。日照時間が短いことからくる病に悩む人が大勢いた北欧において、街灯の下で暮らしていたホームレスが自然治癒したことがきっかけでした(中世ヨーロッパではキリスト教の教義から肌を出すことが禁じられ、日光浴が罪悪視されました。その上、工業化によって石炭の煤煙が紫外線をさえぎっていたためビタミンDの欠乏からくる病が蔓延していたようです)。そんな中、デンマークの医師ニールス・フィンセンはカーボンアーク灯を使って結核性皮膚病を治療し、ノーベル医学生理学賞を受賞。世界的に「光線医療」が広まり、そしてその延長で美容分野の研究が進んだ結果コラーゲンマシンが誕生したのです。もちろん医療の研究も進められ、今日では皮膚疾患やアレルギー疾患、潰瘍、炎症、骨疾患、うつ病などの治療に利用されています。

・日本における光線医療と光線治療機器!

日本で初めて光線医療が施されたのは、1908年。東大皮膚科の土肥慶造博士が使用し、その後全国的に広まったそうです。1932年には東京光線療法研究所の宇都宮義真博士とイビガワ電工(現在のイビデン株式会社)によって国産カーボンアーク灯が開発されましたが、人工光線の研究はやはり日照時間が短く危機感を持っている欧州が本場。機器の輸入も頻繁に行われてきたそうです。その中でもオランダはユニリーバ社やフィリップス社など国際的なメーカーが多く、光線治療機器の分野でも大きな優位性を誇っています。

  ・NASAでも研究が続けられている最先端の光線医療!

米航空宇宙局(NASA)は、1999年に「LEDが創傷治癒と人体組織の成長を促進する」と発表し、長期宇宙滞在時に利用可能な医療法として光線医療を承認しているそうです。傷の治癒や筋肉の増強、糖尿病による神経障害の改善、視力の回復などで光線医療の効果が認められ、海軍などでは実際にLED照射器の導入が進んでいるとも言われています。これら宇宙開発や軍事で使用される技術は、もちろん人類科学の最先端。そして、それら技術の一部がコラーゲンマシンに還元されているのは言うまでもないでしょう。コラーゲンマシンは、現在も進化を続けているのです。

目次に戻る

・実際にコラーゲンマシンを体験いただいた方からの感想

コラーゲンマシンを体験いただいた方々のアンケートおよびコメントを一部ご紹介します。コラーゲンマシンは実際にどんな感じなのかな?興味があるけどコラーゲンマシンを購入しようか迷っている、という方はぜひご覧ください。

◎コラーゲンマシンは、ただ日向ぼっこしている感覚で、かなりの幸福感!
◎コラーゲンマシンに入った翌日も、肌の乾燥がない。
◎化粧のノリが全然違います。
◎コラーゲンマシンはすごい。
◎最近は、タオルが要らないほどの水弾き。
◎ほうれい線が薄くなった。
◎お肌がツルピカになったのがすぐに実感できました。
◎むくみが取れて、くつが緩くなりました。
◎ひどい冷え性ですが、嘘みたいに身体がポカポカぐっすり眠れました。

その他にも、エステサロンや美容サロン、鍼灸治療院などでもコラーゲンマシンは活用されています。コラーゲンマシン導入店様の声>>

※上記の声はコラーゲンマシンHAPRO西日本正規販売店ベルディアンのショールームにコラーゲンマシン体験に来られた方のアンケートから一部ご紹介しています。

実は200年以上の歴史を持つコラーゲンマシン。光線医療の研究から始まり、その延長で美容分野の研究が進み、コラーゲンマシンが誕生しました。

コラーゲンの増加によって肌の水分量が増えるため、シミ、シワ、ニキビなど目立つ部分の改善はもちろん、全身のアンチエイジングにも役立ちます。

目次に戻る  

4、睡眠とコラーゲンマシンの関係

7968c2169e4b9a5ff5b317f959f90857_s

・眠りの質を高めるセロトニンを分泌するピンクの光。

22時~2時は、成長ホルモンが活発に働く時間帯。この時間帯に良質な眠りをとると、肌の新陳代謝が良くなり新しい肌へとどんどん生まれ変わるといわれています。そこで重要なのが脳内ホルモン セロトニンの働き。セロトニンが不足すると体内時計が狂い、睡眠の質にも大きく関わりがあるといわれています。コラーゲンマシンはその光によってセロトニンの分泌を促す調査結果も出ています。良質な眠りを促すコラーゲンマシンは心身ケアにも役立ちます。

コラーゲンマシンにも使われているピンクの光は、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成を活発化し、ハリ・ツヤのある若々しい肌に導きますが、実は、美肌への効果だけではなく、光によって、生成抑制される脳内ホルモン セロトニンの分泌を促す調査結果も出ています。セロトニンは、自律神経、交換神経・副交換神経等に働きかけ、一日の生活リズムを作り出すと言われます。セロトニンが不足すると体内時計が狂い、睡眠の質にも大きく関わりがある物質です。コラーゲンマシンのピンクの光は、心身のケアにも役立つのですね。

関連ページ:寝るだけでキレイになれる! 睡眠とコラーゲンマシンの関係

目次に戻る

・「肉割れ」「妊娠線」が気になる方へ

皮膚の奥にあるコラーゲン繊維や皮下組織が断裂して傷跡のようになってしまう「肉割れ」。ストレッチマークとも呼ばれ、妊娠線も同じ原理で起こります。一度できると完全に治すのが難しいため、悩んでいる人がたくさんいるといいます。

そんな肉割れの予防にはコラーゲンの質を高めることが大切。真皮の重要成分であるコラーゲンは、繊維芽細胞で作り出されます(サプリメントやドリンク、食材などでコラーゲンを摂取してもアミノ酸に分解された後に吸収されるため、直接的なコラーゲン量の増加にはなりません。ただし、繊維芽細胞から成長因子を生み出す要因になり、その結果細胞が若返るという説もあります)。コラーゲンマシンは、600nm~760nmの可視光線を照射することで繊維芽細胞を刺激する美容機器。つまり、体内のコラーゲン製造工場をより直接的に刺激し、生成を促進する効果があるのです。肉割れを予防するためには日々のケアが大切ですが、コラーゲンマシンを利用して定期的にコラーゲン代謝を促進することも大きな効果が見込めます。日々のケアとともにコラーゲンマシンを利用して定期的にコラーゲン代謝を促進するのがいいようです。

目次に戻る

・過労対策にもコラーゲンマシン

働きすぎと言われる日本人ですが、過労問題は他人事ではありません。そんな過労予防策のひとつとして「セロトニンを増やす」というものがあります。精神を安定させる脳内物質・セロトニンは、強い光を浴びると増加します。そのため、日光浴は精神の安定にとても重要。また、睡眠時間を十分に取る事で、セロトニンの分泌を促進することもわかっています。先に述べたように、コラーゲンマシンのピンクの光を浴びることで、セロトニンの分泌促進が期待できます。

実は、コラーゲンマシンのピンクの光を浴びることで、セロトニンの分泌促進が期待できるようです。実際にコラーゲンマシンの無料体験で来られたお客様の多くの方が、ほんの20分程度の間に、「ぐっすり眠りに落ちた」「少し眠っただけなのに元気が戻った」という感想を下さいます。

コラーゲンマシンは紫外線を除く可視光線のみを照射する、体に優しい光照射をおこなうことができます。安全性が高く、お肌にも良質なコラーゲンマシンでセロトニンの分泌を促進させることができれば、セロトニン不足に陥った疲れた心と体にも癒しを与えることができるでしょう。

美肌を作るイメージが強いコラーゲンマシンですが、元々は宇宙飛行士が宇宙空間でも健康を維持できるよう開発されたのがそのルーツ。また、光療法は睡眠障害やうつ病に有効な治療法として確立されています。芸能人や経営者などコラーゲンマシを過労や心の疲れを癒す目的で利用されているかたも多いのです。

目次に戻る

5、実録!コラーゲンマシン体験談

main_20141017

・潜入から後日談まで。アラフォー女子のリアルな体験レポート

芸能人や有名モデルがこぞって利用するコラーゲンマシン。その効果やいかに?アラフォー女子のコラーゲンマシン初体験レポートです。コラーゲンマシンへの潜入の様子から体験中の率直な感想、そして後日談まで、臨場感あふれるリアルなレポートをお楽しみください。

関連ページ:美容カプセル!?コラーゲンマシンに初めて入ったIT系お疲れアラフォー女子の感想。

目次に戻る

まとめ

いかがでしたか?美と健康に敏感な方々から熱い注目を浴び続けているコラーゲンマシン。テレビなどで取り上げられてはいますが、実はあまりよく知らないという方も多いのではないでしょうか?コラーゲンマシンについて深く知りたかった、興味はあったけど試したことがなかった、またはお店やサロンにコラーゲンマシンを導入しようかと悩んでいる方、この記事がそんな方々の手助けになれば幸いです。