コラーゲンを体内に蓄える新しい方法!?


photoimage

「コラーゲンは口から摂取しても意味がない」 美容に興味をお持ちの方や、美容に関わるお仕事をされている方ならそんな言葉を耳にされる機会も多いのではないでしょうか。今回はコラーゲンを体内に蓄積するメカニズムと、新しい方法のお話をしていきます。

コラーゲンとはタンパク質の一種です。

コラーゲンは高い保湿効果を持つため、肌の弾力UP、シワの減少、関節痛の改善など、体内に蓄えることで様々な効果があるとされてきました。しかし、生物の体では新しいタンパク質が作られる時、古いタンパク質は分解されます。年齢を重ねるとタンパク質の分解スピードが生成スピードを上回り、コラーゲン量もドンドン減少していくのです。そこで近年、外部から体内に取り込むことを目的に(体内での生成を補助することを目的に)、コラーゲンを配合した健康食品や化粧品が次々と登場しました。

口から入ったコラーゲンは、コラーゲンのままでいてくれない!?

経口摂取したコラーゲンは、体内でアミノ酸に分解されます。タンパク質は分子が大きく、そのままでは吸収することができないためです。これら分解されたアミノ酸が全て再びコラーゲンに生まれ変わるのであれば良いのですが、実際はそうではありません。アミノ酸は色々な種類のタンパク質を生成する材料に使われるため、目的であるコラーゲンの生成に使われる量は制限されてしまうのです。「コラーゲンを食べても(飲んでも)意味がない」と言われるのは、このような理由があるのです。

「体内での生成を直接的に補助する」のが、コラーゲンマシン。

ここまでお話ししてきたように、経口摂取によるコラーゲンの生成は効率が良いものとは言えません。そこで生まれたのが「光のエステ コラーゲンマシン SEECRET」。特別に調整された光を線維芽細胞(真皮の成分を作り出す細胞)に当て、コラーゲンの生成を直接的に促す全身美容機器です。
日焼けマシンに入る感覚で光を浴びるだけで、全身のアンチエイジングが可能。光線療法の先進国オランダで開発されたこのマシンは、現在ヨーロッパでも急速に普及が進んでいます。そして今後は日本を含めたアジア各国でも注目を浴びることになるでしょう。もし、「光のエステ コラーゲンマシン SEECRET」に興味をお持ちいただけたなら、ぜひ一度ご自身で体験してみてください。ベルディアンでは、無料体験のご予約も受け付けています。