カラダを温めて、「冷え便秘」を解消しよう!


bel_benpi多くの女性が悩んでいると言われる便秘。季節を問わず1年中悩まされている人も多いかと思いますが、実はカラダの冷えが増す冬にその症状がきつくなる人もいると言われています。なぜカラダが冷えると便秘になるのか、「冷え便秘」の原因と対処法をご紹介します。

冷え便秘の原因とは?

便秘の原因は色々あるものの、だんだん気温が下がるにつれ便秘がちになる人は「冷え便秘」かもしれません。普段は冷え性の自覚がない人でも、冬になると外気の寒さや運動量の低下により血行が悪くなり、手足だけでなく、お尻やお腹周りまでも冷たくなる場合があります。血行が悪くなるということは、うまく栄養や酸素も運ばれなくなり、小腸や大腸といった内臓の動きも鈍くなるため便秘になってしまうんです。しかも、腸内に住む善玉菌は腸内温度が下がるとやる気をなくすやっかいもの。その分悪玉菌が増え腸内環境が乱れて、ますます便秘になりやすいカラダへと変化してしまいます。

こんな症状出ていませんか?

便秘のほかにこんな症状が出ていたら、カラダが冷えているのかもしれません。
  • 手足だけでなく、お尻やお腹まわりも冷たい
  • 寝る前や日中のぼせる感じがする
  • 疲れやすい
  • むくみがひどい
  • 生理痛がひどい
  • 肌や唇が乾燥している

生活習慣を改善して、「冷え便秘」を解消しよう!

冷えが原因の場合、カラダを温め血流をよくしてあげることで、「冷え便秘」は和らぐと言われています。毎日の生活習慣を改善して、すっきり生活を目指しましょう。

1.飲み物は温かいものを選ぶ

飲み物は、一気に胃腸を冷やすことも温めることもできるアイテム。できるだけ意識して温かいものを選ぶようにするだけで、胃腸の働きがよくなります。

2.水分を摂り過ぎない

例え常温のお水であっても、水分の摂りすぎは逆に胃腸を冷やしてしまう原因に。冷えを感じている人は無理に水分を摂り過ぎないようにしましょう。

3.温めるならお腹周りを

冷え症の人の多くが手足に冷えを感じるため、靴下を重ねばきしたり手袋をしたりとしがちですが、手足の冷えの原因が内臓の冷えにあるってご存知でしたか?動物のカラダには、生命維持に欠かせない部分により多くの血をめぐらし温めようとする機能があります。そのため、大切な臓器が密集するお腹周りが冷えていると、そこに血を集め、手足が冷たくなるんです。手足に冷たさを感じたら胃腸が冷えている証拠!腹巻や毛糸のパンツでお腹周りを温めて、胃腸の冷えをとりましょう。

4.よく歩く

ウォーキングは、全身運動と呼ばれるほど健康維持に最適な運動です。寒い時期こそ歩いて、血行をよくしましょう。

5.コラーゲンマシンを利用する

体験者の多くが「カラダがポカポカ温かくなった」「汗をかきやすくなった」など、冷えの緩和を実感しているコラーゲンマシン。冷えによる肌あれの改善にも役立ちますのでぜひお試しください。

冷えにおすすめの食材

冬に旬を迎える食材は、カラダを温めてくれます。逆に夏の食材はカラダを冷やすので注意しましょう。
  • 乾燥生姜
  • にんにく
  • ネギ類
  • ニラ
  • 根菜類
  • など
    まとめ
    冷えは万病の元と言われるくらい、色んな病気のもとになっているようです。便秘に限らず、健康維持のためにも日頃からカラダを冷やす習慣は改善して、元気いっぱいな毎日を送りましょう!