コラーゲンについて 一覧

若い方もどうかご注意を!爪のケアとコラーゲン。


image1-2のコピー

美容成分の代名詞として知られるコラーゲン。美肌を保つために不可欠な成分であることは誰もが認めるところでしょう。しかし、コラーゲンの働きが影響を与えているのはお肌だけではありません。髪、血管、骨、関節、そして爪。人間の身体のあらゆる部位の、病気予防・改善に効果を発揮しています。今回は、今回は爪にスポットを当てた情報をお届けします。

続きを読む

卵殻膜のコラーゲンで赤ちゃん肌に甦る⁉


83ece63f171f50e24cec833b6b6a72f2_s

私たちの体づくりに欠かせない必須アミノ酸がバランスよく含まれ、免疫力アップ食材としても知られている卵。今、この卵が美容食材として密かに注目されていることをご存知ですか?ただし、美容に良いのは普段捨ててしまう卵の殻についた薄皮部分。この卵殻膜と呼ばれる部分には、コラーゲンをはじめお肌をピチピチに若返らせてくれる成分がいっぱい。今回は、そんな卵殻膜の秘められた美容効果をご紹介します。

続きを読む

研究期間は200年超!コラーゲンマシンの技術的背景と利用者の声。


皆さんは、コラーゲンマシンをご存知でしょうか?数年前までこの美容機器は日本でほとんど知られていませんでした。ところが、近年は多くのエステサロンに導入され、飛躍的に認知度が高まったと言えます。雑誌やテレビでは芸能人や海外セレブの愛用情報が伝えられ、体験談や広告記事なども広く流通し、今や美容の専門家はもちろん一般の方々にもその存在が知られるようになったと言えるでしょう。 しかし、実はコラーゲンマシンは唐突にブームが始まったわけではありません。世界規模で見れば、200年以上前から続く長い研究の歴史を持っているのです。今回は、コラーゲンマシンの歴史とその背景をご紹介しましょう。

main_20140908

続きを読む



より効果を実感するために!コラーゲンと色々な成分の組み合わせについて。


お肌に良い成分の代名詞となっているコラーゲンですが、世の中には効果を実感できない方もいらっしゃるようです。摂取・生成方法や商品特性、体質、タイミングなど、様々な要素で美容成分の効果は変わってくるもの。そこで今回は、効果を高めたり、逆に効果を減少させたりする組み合わせについての情報をお届けします。 続きを読む



知らないと、キレイになれない!? 復習しよう、コラーゲンの真実


ベルディアン

美容や健康に重要な役割をもつコラーゲン。年齢とともに、量は減少、質も悪くなるということで、アンチエイジングにコラーゲンを摂ることは、いまや常識。しかし、手当たり次第に摂取しても効果が薄いって、知っていますか? そこで今回は、コラーゲンの効果的な摂り方を考えてみました。コラーゲンは身体のあらゆる部位で活躍し、守備範囲が広すぎて、本来の姿が見えにくくなっていることもあるので、まずは基本を復習することから始めましょう。

いまさら聞けない!コラーゲンの基礎知識

コラーゲンは身体にいいと言われます。しかし、なぜコラーゲンが身体にいいのか、そもそもコラーゲンとは何なのか、ご存知ですか? コラーゲンとはタンパク質の一種です。身体のさまざまな部分に多く含まれており、健康と若々しさをキープするために大切なもの。身体の部分とは例えば、皮膚、骨、腱など。血管や肝臓、心臓、腎臓など各器官にも含まれています。その役割は、細胞と細胞を結びつけることで、細胞の接着剤のような働きをしています。コラーゲンが身体の強度と弾力を支えているのですね。だから、肌はプリプリに、髪はしなやかに、関節は滑らかな動きに、血管は柔軟に……と身体のいい状態を維持できます。しかし残念なことに、加齢とともにその働きは衰え、特に40歳から急激に劣化します。下記にコラーゲンが劣化したときの症状の一部を上げました。思い当たる人は積極的にコラーゲンをとることを考えましょう。

<この症状はコラーゲンの劣化の疑いが!>

  • シミ・シワが目立つ
  • 化粧のノリが悪い
  • 肌が乾燥しがち
  • 髪が細くなってきた
  • 爪が折れやすい
  • 関節が痛む
  • 疲れやすくなった  など

コラーゲンを食事から摂るときの注意点

普段の食事から、コラーゲンを摂ることができます。コラーゲンが多い食材は、牛すね肉、牛テール、鶏の軟骨、鶏手羽先、豚耳、豚足など。また、魚の皮や鱗にも多く含まれ、うなぎは皮ごと食べるので、優秀食材といわれます。コラーゲンが体内で作られるとき、ビタミンCが必要となります。コラーゲンを意識した料理を作ったときは、果物も食べてビタミンCを摂取しましょう。なお、コラーゲンが多い食材は高脂肪・高カロリーなので、ダイエットが気になる方は取り過ぎに注意。サプリメントなどの利用も考慮するといいですね。

もっと気軽にコラーゲン習慣!

いくらコラーゲンが大切といっても、コラーゲン摂取だけを考えて、毎日料理するわけにはいきません。簡単にコラーゲンを摂れる商品が多くあるので、上手に取り入れましょう。例えば美肌のためには、美容液などのスキンケア化粧品、ボディケアアイテム、石鹸など。健康食品としては、ドリンクやお茶、さまざまな料理に混ぜられる粉末タイプのほか、コラーゲン入りの米やパン、うどんなどもあります。外食のときに、コラーゲンを意識したメニューを提案するお店を選ぶということもできます。そのようなお店は増えているので、一度ネットなどで調べてみてはいかがでしょう。

コラーゲンマシンで、リラックスしながらアンチエイジング

寝ているだけでプルプル肌になる!と好評なのはコラーゲンマシン。このマシンに入って、ピンクの光に照らされるだけでOK! ピンクの光が、肌を支える土台「真皮」の線維芽細胞に直接働きかけて、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成を活発化。ハリ・ツヤのある肌に導きます。シミ・タルミなど肌の衰えの原因とされる「真皮」のコラーゲン・エラスチンの減少や衰え、質の変化に効果を発揮します。定期的に利用される方も多いのですが、すぐに肌への効果が感じられるので、ブライダルや同窓会、パーティなど“ここ一番の見せ場”というとき、コラーゲンマシンを利用する方も多いそうです。

(まとめ)

アンチエイジングに大切なコラーゲン。いま、年齢を重ねても美しい人が増えているのは、ひょっとして、コラーゲンを積極的に取り入れている方が増えているからかもしれませんね。



歴史からジョークグッズまで、コラーゲンにまつわる雑学。


main-photo

ご存知でしょうか?1月26日はコラーゲンの日なんだそうです。株式会社ニッピ(当時は日本皮革株式会社)の研究員、西原富雄博士がそれまで水に溶けないと考えられていたコラーゲンの可溶化に成功し、特許を出願したのが1960年1月26日だったというのがその由来。この発見からコラーゲンは広い分野で応用されるようになっていったのだとか。……というわけで、記念日を祝って今回はコラーゲンにまつわる雑学的な情報をお届けします。

続きを読む



40代よりも美しい60代の女性が存在する!肌と気持ちをケアする、コラーゲンマシンも一役!


midleいまや女性を年齢で語れません。40代よりも美しい60代がいる。そんなことが当たり前になってきました。40代であっても、女性として美しくありたいと思わなければ、急降下するばかり。60歳を過ぎても、女性であることを忘れず、自分を磨くことを怠らなければ、年齢を重ねても、美の衰えは緩やかなカーブにできます。年齢に打ち勝ち、美しさを向上させるのは、美を諦めない気持ちと前向きな姿勢、そして毎日の小さな習慣。今年、注目を集めたことから、アンチエイジングのヒントを探りましょう。 続きを読む

あなたはプラセンタ派?それともコラーゲン派?ふたつの美容成分をご紹介します。


美容成分の代名詞と言えばコラーゲンですが、他にも美容成分はたくさんあります。ヒアルロン酸、プラセンタ、コエンザイムQ10、セラミド、ハイドロキノン、EGF・FGF……有名ではないものも上げれば数えきれないでしょう。またそれら美容成分一つひとつにも、由来や摂取方法など色んな分類があります。皆さんはそれらの特徴や用途をしっかり理解した上で購入されていますか?「なんとなく」で取り入れても明確な効果は得られません。今回は、定番中の定番であるコラーゲンとプラセンタにスポットを当て、その特徴を比較してご説明します! 続きを読む

男性も美肌にこだわる時代。コラーゲンマシンの美容効果に注目


main_20150827

「男性が美を追求するなんて」と言われた時代は過ぎ、いまでは男女ともに、美しさを磨く時代になりました。メンズコスメは珍しくなくなり、女性からも男性の肌のきれいさを求めています。ある有名な男性教育評論家の方は、60代でありながら、テレビ出演をきっかけに美容に注力。肌を美しく保ち、アンチエイジングのために、スキンケアを入念に行っています。彼の美容法を紹介しながら、いまの男性美容についても考えてみました。

尾木ママの1ヵ月の出費の8割は、美容への投資!

尾木ママこと、教育評論家・尾木直樹さん(68歳)は、女性らしいソフトな口調で語り、一見、面白キャラの雰囲気。しかし、20年以上、子ども主役のユニークな教育実践を行っただけあり、教育に関するコメントは切れ味鋭く、視聴者の人気を集めています。実は、尾木ママは教育だけではなく、美容にもかなり真剣に取り組まれているそうです。女性のような語り口だから、尾木ママという愛称を付けられましたが、お子さんもいる良きお父さんでもあります。美容に興味があるのも、女性になりたいからではなく、「テレビに出るのだから、きれいにしておかなくちゃね」という理由。美容にはかなりこだわりがあるようで、月々の出費の8割は美容関係。爪のお手入れのためにネイルサロンへ通い、化粧水や乳液でのお手入れは欠かさず、美肌になるための努力も怠りません。いまは男性でも、肌をきれいに保つために基礎化粧を行い、眉を整える人が増えています。男性向けネイルケアサービスもあるほど。美容に気を遣うのは営業職やエグゼクティブだけではなく、一般男性にも広がりを見せています。男性も見た目を磨くのは当たり前の時代なのでしょう。尾木ママは、男性美容の最先端をいっているのかもしれません。

尾木ママの肌をピカピカにした、コラーゲンマシン効果

そんな尾木ママが大絶賛したのはコラーゲンマシン。「レディ・ガガやビヨンセも使っているの」と語り、テレビでは実際にコラーゲンマシンに入って、ピンクの光に照らされている様子も紹介していました。コラーゲンマシンは、ピンクの光で、肌を支える土台「真皮」の線維芽細胞に直接働きかけて、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成を活発化。ハリとツヤのある若々しい肌に導きます。シミ・タルミなど肌の衰えの原因である「真皮」のコラーゲン・エラスチンの減少や衰え、質の変化に効果を発揮します。「お肌にとってもいいいの」という尾木ママの肌は、60代後半とは思えないピカピカの肌でした。

女性は、男性美容をどこまで受け入れる?

最近、肌の入念な手入れを習慣にしている男性が増えています。化粧水・乳液などの基礎化粧は一般化しつつあるものの、まだ女性に受け入れられていないのがメンズコスメ。アイプチ、ファンデーション、コンシーラーなど「化けて誤魔化す」的な美容は特に評判が悪いようです。しかし、眉毛をカットして整えている男性が増えているのも事実。石けんをネットで泡立てて洗顔したり、ハンドクリームやボディクリームを塗ったり、日焼け予防で日焼け止めクリームや日傘を使ったりと、男性も徐々に女性と同じようなお手入れを始めています。そのうちに、男性たちも自分らしいメイクアップを追求する日が来るのかもしれませんね。

(まとめ)

「ジェンダーレス男子」という中性的なタレントやモデルが多く登場しています。さらに、この秋冬トレンドのひとつはジェンダーレスファッション。特徴は男性・女性の垣根を超えてファッションを楽しめることです。男性が女性のファッションや美容に興味をもって踏み込んできています。女性よりも美しい男性が増えるかも? 女性もうかうかしてはいられませんね。



食事によるコラーゲン摂取のメカニズム!?料理のレシピもご紹介します!


b_blog_20151022

夏が終わって涼しくなり、食卓にお鍋が並ぶ季節になりました。飲食店を比較・紹介するサイトでも、お鍋のお店が活気づく頃でしょう。ところで、例年「コラーゲンたっぷり!○○鍋」なんて見出しが目に付きますが、「コラーゲンを経口摂取(食事による摂取)しても意味がないんじゃないの!?」なんで思っていませんか?今回は、今回は食事とコラーゲンの関係からレシピまでご紹介します!

続きを読む

1 2 3 4 5 6