その他参考情報 一覧

血流を良くして 冬こそ、しっとり艶肌を手にいれよう!


n825_mahura-girl_tp_v

空気が乾燥する冬は、夏よりもお肌の調子が悪くなる季節。乳液やクリームなしではカサカサになって、痒みまで出てしまう人もいるのではないでしょうか?そんな冬のダメージ肌をしっとり艶やかに蘇らせるために大切なのが、血流改善。肌が蘇る仕組みを知って、冬こそ美肌を手に入れましょう!

続きを読む

食欲の秋に食べたい、 お肌に嬉しい旬のコラーゲン食材


ca4f3450cb4fa3756220d6e3a0dd6c80_s

昔から、食欲の秋と言うようにこの季節は山の幸、海の幸が美味しい旬を迎えます。その中でも注目したいのが、コーゲンたっぷりの食材。夏の紫外線でダメージを受けたお肌を蘇らせるにも一役かってくれそうです。そこで今回は、今食べたいお肌に嬉しい旬の食材と、忙しい毎日でも簡単に作れるお手軽レシピをご紹介します。

秋に食べたいコラーゲンたっぷりの食材ランキング

肌のハリや艶を保つために必要なコラーゲンは1日に約5gと言われています。コラーゲンたっぷりの旬の食材をメニューに加えて、美肌を目指しましょう!

第3位 さんま

秋刀魚の字のごとく、秋の食卓には欠かせないさんまは、実はコラーゲンが豊富。100gあたり1.82gのコラーゲンをお含み、体を元気にしてくれるその他の栄養素もたっぷりです。体内でコラーゲンを合成する際にはビタミンCが必要なので、レモンをかけて食べるとよりgood!

レシピ: さんまの塩レモン焼き
2014年に彗星のごとく現れた“塩レモン”を使って、ちょっとお洒落な焼き魚はいかが?

材料(二人分)
さんま 2匹
塩レモン 小さじ2

作り方
さんまの内臓を取り、水で洗う。
塩レモンをまんべんなくまぶし、魚焼きグリルで両面がこんがりするまで8~10分ほど焼く。食べる際にもお好みで塩レモンを。

第2位 さけ(皮あり)

さけは、100gあたり2.41gとコラーゲンがたっぷり。しかも魚に含まれるコラーゲンは、肉類などに比べて低い温度で溶けるため、体内での消化・吸収が良いと言われています。身の部分には、アスタキサンチンと呼ばれる体内の酸化を防ぐ栄養素も多く、アンチエイジングを目指すなら定期的に食べたい食材です。

レシピ:
さけとじゃがいもの塩バター炒め
ビタミンCたっぷりのじゃがいもやパセリとさけがコラボした、コク旨レシピ。

材料(二人分)
さけ 2切れ
じゃがいも 大1個
バター大さじ 1/2
塩コショウ 適量
パセリ 適量

作り方

じゃがいもを8等分にして、水から少し固めに茹でる。
さけを一口大に切り、骨がついてないか確かめてから塩コショウをして15分ほどおく。
フライパンにバターを入れさけを焼き、茹でたじゃがいもを入れて全体にバターがからまるように炒めて塩で味を整える。
お皿に盛り付けてパセリをまぶす。

第1位 はも(皮あり)

はもは身の部分だけでも100gあたり2.5g、皮も合わせるとなんと3.5gと驚きのコラーゲン量。しかも、はもは夏が旬だと思われがちですが、夏に産卵を終えた秋~冬にかけての“落ちはも”は、ふっくらと身が肥え脂がのって美味!スーパーで見かけたら即買いで間違いなし!

レシピ:
はもの梅肉和え
調理時間たったの5分。和えるだけで簡単美味しいはも料理!

材料(二人分)
はも湯引き 1パック
きゅうり 1本
梅肉 大1個分
白だし 少々

作り方
きゅうりを薄切りにして塩をまぶして15分ほど置き、しんなりしたら水気をしぼる。
ボールにはも、1のきゅうり、梅肉、白だしを入れて和える。

(まとめ)

いかがでしたか?秋は美味しいものがいっぱいです。食べ過ぎて太ってしまう…なんて心配もありますが、そこはちょっと気を付けながら、美味しく食べて美肌をgetしてくださいね。



若さと健康を保つために知っておきたい、コラーゲンとストレスの関係。


image1

若々しい肌を維持するためにコラーゲンが重要な役割をになっているのは、言うまでもないでしょう。しかし、加齢・紫外線・睡眠・食事など様々な要素が日々コラーゲンの質を低下させ、量を減少させています。今回の更新では、ストレスがコラーゲンに与える影響についてお話ししていきます。

続きを読む

秋から冬はぎっくり腰に要注意! コラーゲンマシンで未然に防ごう!


a95d7611947c2ecee7c14952a2b04b2a_s

夏の猛烈な暑さも過ぎ去り、過ごしやすい季節になってきましたね。秋と言えば、実りの秋というように美味しいものに溢れ、ゆっくり読書をしたり、スポーツを楽しんだりととても気持ちの良い季節なイメージですが、実は体調を崩す人が多い時期だとも言われています。夏の間に溜め込んだ疲れが一気に噴き出し、様々な症状を訴える人がいるのだとか。今回は、その中の一つぎっくり腰に注目!なぜ秋になるとぎっくり腰になる人が多くなるのか、そして未然に防ぐ方法についてお伝えします。

続きを読む

男性もぜひご注目を!関節の不調とコラーゲンのお話。


image1-2

コラーゲンは、誰もが知っている美容成分の代表格。しかし、決してそれだけではありません。人体を構成する全てのたんぱく質の30%を占め(コラーゲンもたんぱく質の一種です)、骨や血管、内臓などに広く分布しています。もちろん、質や量が低下すれば健康にも悪影響が出るでしょう。コラーゲンは、美容に気を配る女性だけのものではないのです。今回は、とある調査結果において男性の低いコラーゲン摂取意識が判明したことをきっかけに、関節痛にスポットを当ててお話ししていきます。

続きを読む

ハリウッドセレブも夢中にさせるコラーゲンの大親友シリカがすごい!


3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s

世界中から常に高い注目を集めるハリウッドセレブたち。最先端の服を身にまとい、美容や健康にもアンテナを張り続ける彼女たちの間で今話題になっているのが、シリカ(ケイ素)です。聞きなれない名前ですが、実は自然界や私たちの体内にも存在する、すごく身近な成分。しかも、シリカはコラーゲンの働きを助け、爪や髪、肌を元気にしてくれるアンチエイジングミネラルとしても大人気。今回は、そんなシリカの美容だけに留まらない、すごい役割についてお話しします。

続きを読む

美肌に導くキャリアオイルレッスン


Print

美肌は女性にとっての永遠のテーマです。でも、取り巻く環境や老化によって「何もしなくても綺麗だった」頃の瑞々しい肌ではなくなっていきます。だからこそ、大切なのが毎日のお手入れ。忙しい時間の中で、美肌に導ける方法があったなら。そんな世の女性たちの中で今話題なのが「キャリアオイル」。今まで精油のアシスタント的役割だったキャリアオイルの美肌効果に注目が集まっています。

続きを読む

「身体を温めるメリット」についてお教えします!


image1-2

美への意識の高い方には、もう常識となったコラーゲンマシン。導入エステも年々増え続け、体験済みの方も多いのではないでしょうか。コラーゲンマシンはその名の通り体内のコラーゲンを増やす美容機器ですが、体験した方がまず感じるのはその温かさ。身体の芯から温まり、終了後にはたくさん汗をかくことになるでしょう。さて皆さん、この「身体が温まる」ことが美容や健康にどのような意味を持っているかご存知でしょうか?今回は「身体を温める」ことにスポットを当ててお話ししていきます。

続きを読む

より効果を実感するために!コラーゲンと色々な成分の組み合わせについて。


お肌に良い成分の代名詞となっているコラーゲンですが、世の中には効果を実感できない方もいらっしゃるようです。摂取・生成方法や商品特性、体質、タイミングなど、様々な要素で美容成分の効果は変わってくるもの。そこで今回は、効果を高めたり、逆に効果を減少させたりする組み合わせについての情報をお届けします。 続きを読む



知らないと、キレイになれない!? 復習しよう、コラーゲンの真実


ベルディアン

美容や健康に重要な役割をもつコラーゲン。年齢とともに、量は減少、質も悪くなるということで、アンチエイジングにコラーゲンを摂ることは、いまや常識。しかし、手当たり次第に摂取しても効果が薄いって、知っていますか? そこで今回は、コラーゲンの効果的な摂り方を考えてみました。コラーゲンは身体のあらゆる部位で活躍し、守備範囲が広すぎて、本来の姿が見えにくくなっていることもあるので、まずは基本を復習することから始めましょう。

いまさら聞けない!コラーゲンの基礎知識

コラーゲンは身体にいいと言われます。しかし、なぜコラーゲンが身体にいいのか、そもそもコラーゲンとは何なのか、ご存知ですか? コラーゲンとはタンパク質の一種です。身体のさまざまな部分に多く含まれており、健康と若々しさをキープするために大切なもの。身体の部分とは例えば、皮膚、骨、腱など。血管や肝臓、心臓、腎臓など各器官にも含まれています。その役割は、細胞と細胞を結びつけることで、細胞の接着剤のような働きをしています。コラーゲンが身体の強度と弾力を支えているのですね。だから、肌はプリプリに、髪はしなやかに、関節は滑らかな動きに、血管は柔軟に……と身体のいい状態を維持できます。しかし残念なことに、加齢とともにその働きは衰え、特に40歳から急激に劣化します。下記にコラーゲンが劣化したときの症状の一部を上げました。思い当たる人は積極的にコラーゲンをとることを考えましょう。

<この症状はコラーゲンの劣化の疑いが!>

  • シミ・シワが目立つ
  • 化粧のノリが悪い
  • 肌が乾燥しがち
  • 髪が細くなってきた
  • 爪が折れやすい
  • 関節が痛む
  • 疲れやすくなった  など

コラーゲンを食事から摂るときの注意点

普段の食事から、コラーゲンを摂ることができます。コラーゲンが多い食材は、牛すね肉、牛テール、鶏の軟骨、鶏手羽先、豚耳、豚足など。また、魚の皮や鱗にも多く含まれ、うなぎは皮ごと食べるので、優秀食材といわれます。コラーゲンが体内で作られるとき、ビタミンCが必要となります。コラーゲンを意識した料理を作ったときは、果物も食べてビタミンCを摂取しましょう。なお、コラーゲンが多い食材は高脂肪・高カロリーなので、ダイエットが気になる方は取り過ぎに注意。サプリメントなどの利用も考慮するといいですね。

もっと気軽にコラーゲン習慣!

いくらコラーゲンが大切といっても、コラーゲン摂取だけを考えて、毎日料理するわけにはいきません。簡単にコラーゲンを摂れる商品が多くあるので、上手に取り入れましょう。例えば美肌のためには、美容液などのスキンケア化粧品、ボディケアアイテム、石鹸など。健康食品としては、ドリンクやお茶、さまざまな料理に混ぜられる粉末タイプのほか、コラーゲン入りの米やパン、うどんなどもあります。外食のときに、コラーゲンを意識したメニューを提案するお店を選ぶということもできます。そのようなお店は増えているので、一度ネットなどで調べてみてはいかがでしょう。

コラーゲンマシンで、リラックスしながらアンチエイジング

寝ているだけでプルプル肌になる!と好評なのはコラーゲンマシン。このマシンに入って、ピンクの光に照らされるだけでOK! ピンクの光が、肌を支える土台「真皮」の線維芽細胞に直接働きかけて、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成を活発化。ハリ・ツヤのある肌に導きます。シミ・タルミなど肌の衰えの原因とされる「真皮」のコラーゲン・エラスチンの減少や衰え、質の変化に効果を発揮します。定期的に利用される方も多いのですが、すぐに肌への効果が感じられるので、ブライダルや同窓会、パーティなど“ここ一番の見せ場”というとき、コラーゲンマシンを利用する方も多いそうです。

(まとめ)

アンチエイジングに大切なコラーゲン。いま、年齢を重ねても美しい人が増えているのは、ひょっとして、コラーゲンを積極的に取り入れている方が増えているからかもしれませんね。



1 2 3 4 5